トップページ > ACE Kit - WST 
 
同仁品コード:A502   製品名:ACE Kit - WST
前処理の方法や注意点を教えて下さい


【試料前処理例(野菜/果物の場合)】

食品試料の場合、試料をホモジナイズ後、遠心分離し、その上清をご使用下さい。

濁りがある場合、濾過するか、希釈して濁りが測定に影響しないよう澄明な溶液としてください。

着色が強い場合、適宜希釈し、測定に影響のない範囲で測定下さい。 

その場合、試料20μlを水240μlで希釈したものをブランクとして差し引く必要はあります。

クエン酸成分などで酸性の強い試料(pH4〜5)は、Substrate Buffer中の3HB-GGGの沈殿を生成し、測定を妨害します。

少量の炭酸水素ナトリウムの粉末を加えて中和して遠心分離し、上清をご使用ください。




製品のページに戻る


鞄ッ仁化学研究所 カスタマーサポート
Free dial: 0120-489548 Free fax: 0120-021557


お問合せのご連絡先や依頼内容等は、プライバシーポリシーを遵守した目的に利用することにご同意ください。

ページの上部へ戻る